2008年春。今年も新しい時代のものづくりをかたちにするクリエイティブタレントによるイノベーティブなワーキングモデルとプロポーザルが出揃いました。
サウンドデザインにおいて定評のある横浜のものづくり企業・タグチを中心とするコラボレーションに集ったこれからの才能が、ただ聴くだけでない、ライフスタイルを変えるサウンドプロダクトを提案します。
モバイルコンピューティングを変えるビジネス向けスピーカー。音とそこから生まれる厚みのある振動によって安らぎを得られる新機軸のオーディオ。サウンドデザインそのものを手芸のクラフトにしてしまう新しい楽しみ。
そして昨年発表した、デスクトップサウンドライフを美しいものにする「Supper」が、商品化を前により精度を高めて登場します。

先駆を求める新たな世代のデザイナーと進歩する音づくり企業による横浜だから出来たコラボレーションのかたちを是非、体験してください。

◆ 開催日時: 3月23日(日)から25日(火) 13:00-21:30 入場無料
ico_cocktail.jpg カクテルアワー: 毎日18:30より = 今回のプロジェクトの推進役がデザイナーを迎え、毎晩、今後のプロジェクトの推進と制作について、関心のあるみなさまと交流します(参加自由)

◇ 会場 ヨコハマ創造拠点ZAIM 別館401号室(4階) 横浜市中区日本大通34
会場URL= http://za-im.jp/
京浜東北線・横浜地下鉄「関内」駅徒歩5分:みなとみらい線(東横線)「日本大通り」駅徒歩3分

ミラノサローネやロンドン、東京デザインウィーク(100% Design + Design Tide)でも注目された新鋭のデザイナーたちほか若手実力派が集まったワークショップの模様
Creative by Yokohama Workshop の模様

● 展示内容
Supper | Sound System for PC & Potable Audio = マーケット検討モデル実演展示
◇ Creative by Yokohama Workshop 2008 成果ワークショップ展示
◆ 振動音響ユニットをテーマに生まれた優秀デザイン案をもとに作成したワーキングモデル、制作実践、提案展開を展示します
◎ ビジネス向けスーパーモバイルスピーカー = ワーキングモデル(デザイン/TwoDo
◎ クラフトやPOPにできる振動スピーカー = 作家による会場での制作実践3/23-24(デザイン・制作/中島芳枝)
◎ 音とそこから生まれる厚みのある振動によって安らぎを得られるオーディオセット = 作家と制作メーカーによる制作検討会 3/23: 15:00 (デザイン/柳井友一)
◎振動と音による癒し育児器具 3/24(予定):カクテルアワー (コンセプト/金子泰洋)

◇ 問い合わせ先
Creative by Yokohama 事務局(Yイノベーションセンター)
電子メールyokohama@creativecluster.jp
電話 050-2404-3359
URL: http://innovation.creativecluster.jp/

● Creative by Yokohama は、株式会社タグチのプロデュースによる、株式会社田口製作所、株式会社リードサウンド、有限会社クールステーツ・コミュニケーションズ研究所との協働による新しい世代のデザイナー・アーティストともに横浜市を舞台にクリエイティビティとセンスオブワンダーが生まれる革新的なプロダクトを生み出すプロジェクトです

クリエイティブシティヨコハマ基本シンボル(横浜市)

◇ Creative by Yokohama は横浜市の創造都市横浜推進事業として実施しています
http://www.city.yokohama.jp/me/keiei/kaikou/souzou/

Creative by Yokohama Design Workshop | 2007 Feb-Mar

癒しの音響新技術でデザインしよう

PDF版の案内はこちらをクリック (130K)

「クリエイティブシティ」ヨコハマらしいイノベーティブなデザインでこれからのライフスタイルを創造する新たなプロダクトをつくる、Creative by Yokohamaプロジェクト。
今までIT分野を中心にデザインによるカッティングエッジなプロダクトの提案をワークショップ形式で続けてきました。

UMPC04_s.jpg supper_people_in_tide.jpg
【左】2006年ワークショップ成果 「UMPC by Crispin Jones」 【右】2007年ワークショップ成果 「Supper」Audio for PC & Potable Audio デザイン=倉本仁

今回のワークショップも大きな可能性を持ったとある素材が登場します。
とある素材とは振動スピーカー。音を音響としてだけではなく振動で伝えるスピーカーユニットです。その振動力は既に痛み治療や末期療養の現場において、苦しさの緩和と癒しを与えてくれるという主観評価が積み重なっており、癒しを必要とする現代において様々な可能性をもたらしてくれるものと思います。
その可能性から生まれるプロダクトをデザインとして今回のワークショップでは一緒にもんで行きます。ワークショップの成果案をもとに評価会でセレクトしたプロダクトは即座にワーキングサンプルとして仕上げ、Creative by Yokohama としてマーケットの開発に臨んでゆきます。

参加者が生み出すデザインがここでイノベーションを起こします。
これはという方はぜひとも御参加ください。

◇ 開催日時と内容

● ワークショップ
2月23日(土曜日)13:00-18:00 (要事前参加申し込み)
1)振動ユニットの開発者である株式会社田口製作所の田口和典氏とワークショップファシリテーターによるガイダンス
2)振動ユニットによる用いることのデザインの可能性とかたちとしてのデザインを協議します
★ 評価ゲスト = トリコデザアイン研究所 主宰 佐伯仁 (2月23日 出席)
☆ ものづくりのためのデザインに積極的に参加できる方を対象としています
● 提案デザイン評価会 3月1日(土曜日) 14:00-18:00
● ワーキングデザイン発表会 3月23日(日)から26日(水):予定
◇ 会費=無料

◇ 主催 Creative by Yokohama プロジェクト(株式会社タグチ、株式会社田口製作所、リードサウンド株式会社、有限会社クールステーツ・コミュニケーションズ研究所)

◇ 会場 ヨコハマ創造拠点ZAIM 横浜市中区日本大通34
会場URL= http://za-im.jp/
京浜東北線・横浜地下鉄「関内」駅徒歩5分:みなとみらい線(東横線)「日本大通り」駅徒歩3分

● 参加方法
以下の5点を記して以下の申し込み先に電子メールもしくはFAXにてお申し込みください

1: お名前 チーム・ユニットの方はチーム名も表記してください
2: お勤め先・お仕事の内容(ワークショップ開催時の参考にしか用いません)
3: 御連絡先メールアドレス
4: 御連絡先電話番号
5: WEBサイトなど自己紹介があればお知らせください

◇ 参加申し込み・問い合わせ先
Mede by Yokohama 事務局(Yイノベーションセンター)
電子メールyokohama@creativecluster.jp
電話 050-2404-3359
URL: http://innovation.creativecluster.jp/


クリエイティブシティヨコハマ基本シンボル(横浜市)

◇ Creative by Yokohama は横浜市の創造都市横浜推進事業として実施しています

“SUPPER”
テクノロジーとアートが融合したPC・携帯オーディオ用サウンドシステム発表のお知らせ

 「クリエイティブシティ」ヨコハマにおける創造拠点”ZAIM”(ザイム:横浜文化芸術振興財団管理)から、初のプロダクトが登場します。
 ZAIMに拠点を置くクリエイティブクラスター(本部横浜市)および株式会社タグチ(本社横浜市)が協働し、日本を拠点にヨーロッパに活動の場を広げる新進気鋭のプロダクトデザイン集団”f.a.t.”より倉本仁(30歳)を迎え、かたちと音、そして使うシーンまでをデザインした新感覚の家庭用サウンドシステム”SUPPER”を10月31日より11月4日まで国立競技場(東京都新宿区)にて開催される日本最大級のデザインフェスティバル「デザインタイド」における国際展示会「タイドエキジビション」において発表します。

● 「テントロンドン」での展示風景

2007SupperInLondon01web.jpg

2007SupperInLondon02web.jpg

 “SUPPER”は、オーディオを持たず、パソコンやiPodなどの携帯端末で音楽を楽しむ、IT時代に増えている新たなユーザー層に対して提供するサウンドシステムです。屋外コンサートやアリーナなど、志向性を伴わないライブな音楽イベントにおいて定評のあるタグチによるハイクオリティな業務用スピーカーシステムの技術を凝縮、端末との間をコード一本で接続するだけで、部屋の何処にいてもハイクオリティの音が楽しめる巨大コンサートと同様の聴き方ができるサウンドデザインに仕上げました。
 今までの高級オーディオに無かったIT機器に対応し小型化したシステムは、音楽を楽しむ場所を選びません。だからこそ、日常生活に溶け込み、上質な体験が出来るように、デザイナーの倉本仁は、食卓や飲み語らいながら楽しめるように上質のテーブルウエアを髣髴させるデザインにまとめあげました。「清らかな水や上質なワインが流れるような上質な音をスピーカーやオーディオという存在を忘れて楽しんでもらう」ことが”SUPPER”に込めた倉本仁のデザインコンセプトです。

 “SUPPER”は、先端芸術・デザイン分野の中間支援NPOである、クリエイティブクラスターがZAIMを中心とする横浜の創造拠点を用いて、先駆的な分野での実現可能能力を持つデザイナー・芸術家と先端領域での商品やサービスを求める企業とを結びつけ、IT社会よるより豊かにするために必要とする新たなプロダクトやサービスを開発するワークショップ事業「Yイノベーション」から生まれた第一号の実用商品でもあります。

ロンドンデザインフェスティバルでの反響に応えてデザインタイドにて緊急展示決定!

 日本での発表に先立ち、9月20日より英国で開催されたロンドンデザインフェスティバルにおける見本市「テントロンドン」において招待出展、欧州を中心とする5カ国のバイヤーと発売交渉を開始、ニューヨーク発の高級デザイン誌「Surface」がYイノベーションから生まれたデザインの特集を組むなど、「コンピュータが日常にあるのに、プラスチックな安物の周辺機器に囲まれなければならない今までを開放してくれる、豊かなデジタル体験をリアルに与えてくれるオーディオである」との声が多数寄せられました。
 ロンドンでの評判を受け、急遽、東京での招待展示とお披露目が決まったのが「タイドエキジビション」です。

 “SUPPER”は、クオリティオブライフを求めている若年富裕者層を対象に、国内外の高級デザイン店を販売の場とし、2008年の2月発売、価格を10万円台前半で予定しております。

 クリエイティブクラスターでは、ZAIMを拠点に展開しているYイノベーションを通じて、今後、より多くのデザインスターの国内外からの発掘と参加、そしてその能力を必要とする企業との協業による、創造都市ヨコハマだからできる、アートとものづくり、テクノロジーが結びついた、豊かなプロダクトづくりを継続して行きます。

関連情報
株式会社タグチ ホームページ http://www.taguchi-mk.com/
デザインタイド ホームページ http://www.designtide.jp/
SUPPER パンフレットは併記のリンクで入手(PDF)できます
http://creativecluster.jp/folio/products/supper/TaguchiSupperPre.pdf

本件の問い合わせ先:
クリエイティブクラスター 担当:岡田(Yイノベーションセンター)
電話+FAX: 050-2404-3359 電子メール: innovation@creativecluster.jp
WEBサイト: http://innovation.creativecluster.jp/

● 「Supper」プロダクト写真

Supper_All01_web.jpg

Supper_All02web.jpg

Supper_Glass_web.jpg

『都市を包むデザインイベントは都市を変えるか』 黒崎輝男

10月10日(水)19:00から世田谷ものづくり学校207教室(池尻大橋・三軒茶屋下車)にてスクーリングパッド主催/自主講座第2回目をおこないます。
今月末から開催されてゆくそれぞれの秋のデザインイベントについてそれぞれ検証今回は、それぞれのイベントに興味ある方がいらっしゃいましたら、是非お誘いください。

Milan Salone /New York ICFF/London Designers block/100% Design
東京もDesign Tide/Design Week /100% Design
この時期デザインイベントが都市を覆い活気づきます。

そこでスクーリングパッドでは10月10日水曜日19時から(21時過ぎまで)デザインコミュニケーション学部自主講座としてデザインタイド横川正紀氏(Dean & Delluca ,,Cibone,Georges furniture)、デザインプロデューサー岡田智博氏(クリエイティブクラスター)、デザインテクノロジスト猪子寿之氏(チームラボ)、100% Design Tokyo、スウェーディッシュスタイル、CETなど関係者を集め、デザインイベントの企画するポイントそれにこれから急ぎで参加する人、手伝ってみる人など集まって全体像、意義などを良く検証したいと思います。

デザインが各企業にとっての売りになっているように、これからも東京の大切なイベント期間になるように、我々も意識してやって行きたい。
シンガポールや北京でも東京デザイナーズブロックの余韻から同じようなイベントをやる動きです。集まって下さい

黒崎輝男

会場案内リンク
世田谷ものづくり学校
http://www.r-school.net/
地図 http://www.r-school.net/about/access.html

東急田園都市線池尻大橋/三軒茶屋下車

webSupperInTent01.jpg

Stylish and High Quarity
Wide Directivity Audio Units for
PC and Potable Audio Player such as iPod...

Stand = Tent London B31 Sep 20-23 2007
* Truman Brewery, Brick Lane
http://www.tentlondon.co.uk
* Tent London is a part of London Design Festival

Download Brochure by PDF is HERE (220K)

webSupperInTent03.jpg

Discription:

Taguchi, a professional audio master in Japan, introduces premium personal sound system for PC & potable audio, “Supper”.
Supper would bring you to a music arena or an open air concert site experience in your favorite personal space like bad room, dining, or lounge, by Taguchi audio technology and craftsmanship for premium concert halls to musical theaters.
Jin Kuramoto, young talent product designer well known ICT life style and affordance, designed Supper as stylish “table wares” for cozy sound “dining” experiences.

Taguchi aims high consumer market for PC and compact audio, contributing design and product realizing by Jin KURAMOTO (f.a.t) under an innovative ICT design developing with young talent workshop by Creative Cluster.

The model is first show at TENT LONDON as term of conceptual working model.
Will be ready in market around 07-08 winter

Contact more ditail:
Tomohiro Okada = Creative Cluster
e-mail: yokohama@creativecluster.jp

Manufacture Site:
Taguchi http://www.taguchi-mk.com/

Workshop detail:
Creative Cluster http://innovation.creativecluster.jp/

webSupperInTent02.jpg

岡田 智博 おかだともひろ

Tomohiro Okada face graphic design like サイゾー

社会構想家・キュレーター・ジャーナリスト・プロデューサー=先端社会経済・デザイン・美術領域

1971年松本生まれ。ニューヨーク大学大学院School Of Education を経て、九州芸術工科大学大学院および東京大学大学院学際情報学府を修了。NPOクリエイティブクラスター理事長(横浜・京都・東京)、有限会社クールステーツ・コミュニケーションズ研究所代表取締役、駒澤大学講師(コンテンツデザイン論)。
キヤノン・デジタル・クリエーターズ・コンテスト、マルチメディアアライアンス福岡など、マルチメディア・コンテンツに関するクリエイティビティー向上と普及のための事業の立ち上げに多数尽力の後、芸術・文化・デザインによる先端領域の普及と産業化のためのインキュベーション活動に執り組んでいる。IT時代の社会とライフスタイルの可能性を先端知とクリエイティビティーによって回路を開き、現物化するクリエイティブクラスターのプロジェクトは、21世紀における文化芸術による社会や産業への貢献モデルとして国内外で注目をされている。
06年、横浜創造界隈に、Yイノベーションセンターをオープン。IT時代のライフスタイルをクリエイティビティーによって豊かに出来る「ものづくり」と「デザイン」と「知財」による、横浜発日本型の新たな家電・電子機器産業の形成に取り組んでいる。

ホームページ:
クリエイティブクラスター http://creativecluster.jp/
クールステーツ・コミュニケーションズ(岡田マネジメント会社) http://coolstates.com/

2007年7月31日より8月5日まで、Yokohma Eizone で開催された、クリエイティブクラスターのショーケース「メディアアート・デジタルアート納涼会 - Digital Art Cool Summer」の展示を、キュレーター岡田智博自身がガイドするブロードバンドビデオを公開します。
夏を涼しくする、心地よい一歩先のくらしのコミュニケーションをかたちにする、アーティスト・デザイナーたちによる作品空間をお楽しみください。

You Tube URL | メディアアート納涼会 Digital Art Cool Summer 2007 Yokohama (日本語)
http://jp.youtube.com/watch?v=LrD5xbunFzA

猪子 寿之 いのことしゆき

TEAM★LAB - チームラボ株式会社 代表取締役

1977年徳島市生まれ。
東京大学工学部応用物理計数工学科卒業後、東京大学大学院情報学環学際情報学府に進学。大学では、確率・統計モデルによる手書き文字認識、大学院では自然言語処理とアートを研究。
2001年チーム★ラボを自宅のアパートにて創業し代表取締役社長に就任、チームラボ(http://www.team-lab.com/)は、「新聞2.0」をキーワードとした産経新聞グループのニュースポータル「iza」(「Web of the Year 2006」新人賞)の開発や、「オモロ」係数で検索する純国産サーチエンジン「SAGOOL(サグール)のリリースなど、日本で最も「Web2.0」的なクリエイティブな開発力を持ったベンチャーで、その実力は東京メトロ「Let’s Enjoy TOKYO」の立ち上げ構築や、フジテレビラボLLC合同会
社をフジテレビと立ち上げ、インターネット上での映像発信プラットフォーム「ワッチミー!TV」の開発を受けるなど評価が高い。
産経デジタル取締役、フジテレビラボCTO、株式会社NKB取締役、ブランドデータバンク株式会社取締役等を兼任。
アートの創作活動も行う。01年、マストワンと共著で、MANGART「カングロウインザダーク」。デジタル屏風「若冲幻想」は、02年に東京銀座資生堂ビルで展示、03年クリスマスには、パリで、2ヶ月間展示を行う。05年、東京国際フォーラムで行われたスヌーピーライフデザイン展では、 草間弥生、深沢直人、坂茂らとともに、水墨空間 絵巻物語「花紅(ハナハクレナイ)」を展示。圧倒的人気を得る。「水墨空間」
は、07年日立「wooo」のグローバルテーマサイト(http://av.hitachi.co.jp/)にも使われる。
テクノロジーとアートとのインターディシプリナリーな活動でものづくりの分野にも進出、07年夏のau design project における携帯電話のコンセプトモデルを提供、TEAM★LAB.NETとして空間・建築デザインも手掛けている。

横浜臨海創造界隈で開催される
デジタルクリエイティブのフェスティバル
ヨコハマEIZONE」におきまして
クリエイティブクラスターは昨年の第1回に引き続き
先端アート/デザインを創造界隈より
発信する中間支援イニシャチブとして
特別展示とフォーラムを開催します

今のYイノベーションの現状と可能性を
コンパクトだがきれいに体験できる場として
御用意しました

Digital Art Cool Summer at Yokohama EIZONE 2007, Photo=OKADA Tomohiro
◇ 「メディアアート納涼会」展示風景

夏到来の浜風が気持ちいい水辺にて
お待ち申し上げております

● Yイノベーションを感じていただく
● 横浜からの夏のおもてなし

1: Digital Art Cool Summer - メディアアート納涼会
○ 展示企画 実施期間 7/31 - 8/5

デジタルアートとインタラクションデザインによる涼しさを誘う心地いいおとなの体験空間です。
これからのライフスタイルおけるリッチな空間やプロダクトに入り込みつつある、クリエイティブクラスターならではの先端的なクリエイティブをお楽しみください。

2: Yイノベーションフォーラム - クリエイティブクラスのための創造界隈の使い方を解説する旬なフォーラム
横浜創造界隈から生まれるデザイン・アート・ものづくりからのビジネスチャンスの萌芽
○ フォーラム企画 開催日 8/2 18:00

[download] フォーラム配布資料 PDF 200K

横浜に根ざした先端的なデザイン・アート・ものづくりの取り組みが創造界隈から始まっています。
そこで、今までの取り組みとこれからのチャンスを実際に環境整備に取り組んでいるキーパーソンが直接解説、今からがオモシロい、チャンス溢れるヨコハマを感じよう。

1: Digital Art Cool Summer - メディアアート納涼会
● 展示紹介URL = http://creativecluster.jp/

○ Exhibit Works

● 夏を涼しくする音空間 = The Breeze of the time
Artist = 川崎義博: 地球の惠を詰め込んだハイクオリティなナチュラルサウンドが織り成す音空間 夏の一夜。きらめきのもとかすかに吹き抜ける風。それは、時間の軸を止め、静かなる空間をかいま見せてくれます。
地球環境から最高の音を収穫する川崎義博の仕事を、横浜が代表するサウンドマスター「Taguchi」による様々なスピーカーで奏でます。音がまるで物質のように満たされてゆく、振動スピーカーによる実験も体感しどころです。
協力 = 株式会社田口製作所 http://www.taguchi-craft.com/

● ガゼットがつくる親密なコミュニケーション = Howdy!
Artists = ヒマナイヌ : 2人のコミュニケーションを深めるインタラクションデザインを詰め込んだデジタルカメラ。展示ではなかなかライブに体験できませんでしたが、ついにライブでネットで体験できるバージョンを日本初お披露目します!

Howdy! by Himanainu at Evolution Cafe, photo OKADA Tomohiro


● 涼しさを喚起するインタラクティブなひかり

Work = Tentacula
Artist = 植木淳朗-慶應義塾大学サラウディングスプロジェクト: まわりの雰囲気を察知してまるでクラゲのような長い触手をもって振舞うユビキタスな照明。より熟成する Surroundings のまるでペットのようなインタラクティブライトシリーズをどうぞ。

Tentacula くらげ型ユビキタスライト photo=OKADA Tomohiro


Work = ひかりの風
Artists = 鈴木太朗+鳴海拓司+鈴木莉紗 東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム: 光が風の動きによって色を変えるインタラクティブ照明の試み。

ひかりの風=鈴木太朗+鳴海拓司+鈴木莉紗 東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム photo by OKADA Tomohiro


2: Yイノベーションフォーラム - クリエイティブクラスのための創造界隈の使い方を解説する旬なフォーラム
横浜創造界隈から生まれるデザイン・アート・ものづくりからのビジネスチャンスの萌芽
● フォーラムURL = http://innovation.creativecluster.jp/

○ 発表者
仲原正治 横浜市文化芸術都市創造事業本部 創造都市推進課担当課長(創造界隈形成・アーツコミッション) プロフィールリンク
http://www.city.yokohama.jp/me/keiei/kaikou/souzou/
榎本まさひこ 横浜市工業技術支援センターデザイン室ディレクター(デザインプロダクトグループ) プロフィールリンク
田口和典 株式会社田口製作所代表取締役(Yイノベーション) プロフィールリンク http://www.taguchi-craft.com/
久野啓一 株式会社スリーテック代表取締役(デザインプロダクトグループ) プロフィールリンク http://www.3tec.co.jp/
モデレーター:岡田智博 クリエイティブクラスター理事長(Yイノベーション) プロフィールリンク http://creativecluster.jp/

Y INNOVATION 2007 WORKSHOP
Y INNOVATION 2007 でのワークショップの模様

● 実施概要
○ 会場 = 横浜赤レンガ倉庫1号館 ヨコハマEIZONE会場
● アクセスWEB = http://www.yokohama-akarenga.jp/access/
● Digital Art Cool Summer - メディアアート納涼会 = 「デジタルアート縁日」2階 入場無料
● Yイノベーションフォーラム = 2F上映会場 参加にはヨコハマEIZONE ショーケース入場料 300円が必要です
○ 交通 = みなとみらい線(東横線直通)「馬車道」「日本大通り」駅下車徒歩6分
○ 実施期間・時間
● Digital Art Cool Summer - メディアアート納涼会 = 8/1-8/5 11:00~20:00 (5日のみ -18:00): 7/31 内覧会 16:00-
● Yイノベーションフォーラム = 8/2 18:00-20:00+ 定員:50名(予約は必要ありません)

○ ヨコハマ EIZONE 2007 = http://www.y-eizone.jp/
主催: ヨコハマEIZONE 実行委員会
〔横浜市/NHK横浜放送局/財団法人横浜市芸術文化振興財団/株式会社NHKエンタープライズ〕
● クリエイティブクラスター事業に関しては、主催: クリエイティブクラスター = http://creativecluster.jp/

○ 本件の取材・お問い合わせ
● クリエイティブクラスター横浜本部 担当=岡田
○ メール = yokohama@creativecluster.jp
○ 電話+FAX = 050-2404-3359

横浜市では、7月下旬にアーティスト・クリエーター・アートNPO等を支援する「アーツコミッション・ヨコハマ」を立ち上げます。ここでは、支援事業の一環としてデータバンクを展開し、アーティスト情報を公開し、ビジネスチャンスに結び付けようと考えております。そこで、別添の内容で登録を開始しますので、ぜひとも登録をお願いいたします。

別添の内容は以下のZIP圧縮のデータをダウンロードしてごらんください
※ 問い合わせ連絡先等もデータ内にあります

● ダウンロード ZIP圧縮 400K

なお、クリエイティブクラスターでは、ヨコハマEIZONEにあわせ、8月2日18時より、横浜赤レンガ倉庫にてアーツコミッションの情報提供と想像界隈でのデザインビジネス振興をテーマにしたフォーラムを予定しております。ぜひとも、より近くにということで、おいでください。

○Yイノベーションフォーラム - 横浜想像界隈から生まれるデザイン・アート・ものづくりからのビジネスチャンスの萌芽
実施情報リンク = http://innovation.creativecluster.jp/YIlog/archives/2007/07/731805.html

横浜に根ざした先端的なデザイン・アート・ものづくりの取り組みが創造界隈から始まっています。
そこで、今までの取り組みとこれからのチャンスを実際に環境整備に取り組んでいるキーパーソンが直接解説、今からがオモシロい、チャンス溢れるヨコハマを感じよう。

ここの内容を編集するには、テンプレートモジュール:pubSpaceを編集します